MYTEK DIGITALについて

米国マイテック・デジタル社は、ニューヨークに本拠を置くプロ用レコーディング機器メーカーです。ザ・ヒットファクトリー、そして後にはスカイライン・レコーディング・スタジオというマンハッタンの二大スタジオでエンジニアだった、ミハル・ユーレビッチにより1992年にニューヨークで設立されました。

1993年に開発した18ビットのADコンバーターが最初の製品で、現場の要請に合致したその音質と操作性により、たちまちにして多くのプロユーザーから厚い信頼を勝ち取りました。スカイライン・スタジオにおいては マライア・キャリー、B52s、ジェームズ・テイラー、シック、ルー・リードをはじめ、数多くの著名アーティストの録音に使用されることとなりました。それ以来20を超える様々なADコンバーターおよびDAコンバーターをマスタリングやその他のプロユース用に開発しています。またDSDフォーマットの確立に際しては、マスターレコーダーのプロトタイプ開発に関わりました。

ミハルは1992年以来自分の開発した製品の入念な試聴を欠かしたことが無いと言います。一音楽愛好家の立場でそれを続けていることが、現行製品の改良と新製品の音質向上に確実に反映されています。Stereo 192 DSDはMytek初めての民生機ですが、プロ機の特にDSDに関する豊富な知識とオーディオファイルとしての経験から高い完成度を持っていると自負しております。


弊社が満を持してご紹介致します、マイテック・デジタル社のDAコンバーター、Stereo192-DSD DAC。これは、その名のとおり 32bit/192kHz PCM はもちろん、DSD 2.8M/5.6M にも対応した2chD/Aコンバーターで、今注目を集めるハイレゾ・DSDファイル配信時代に向けた初のプロ/コンシューマ機器です。

なお、このStereo192-DSD DACにつきましては、仕様の異なる2タイプをご紹介致します。

ひとつ目は、プロフェッショナル用DSD伝送規格・SDIF3(DSD raw)デジタル入力も兼ね備えたUSB/FireWire-DAC、 Stereo192-DSD DAC M マスタリングバージョン (ブラック仕様) です。

もうひとつは、SDIF3に替え1系統のRCAアナログ入力を装備し、一般的なアナログ入力用ヘッドフォンアンプやプリアンプと同じ感覚で使用できる Stereo192-DSD DAC P プリバージョン (シルバー仕様) です。

Mytek Digital Stereo192-DSD DACは DSDネイティブ対応DACのパイオニアとして世界的に有名ですが、その機能は今現在も進化しつづけています。Stereo192-DSD DAC のドライバとファームウェアは Mytek Digitalの手により常に更新されつづけており、しかもお客様自身の手でもアップデートが可能です。つまり、Mytek Digital Stereo192-DSD DAC は、この分野においてこれからもトップランクの性能を保ち続ける事が出来るわけです。

※本体ファームウェアの更新作業はFireWire接続にて行います。また本体ファームウェアとPC側ドライバソフトは相互依存しますので、双方が対応するバージョンにてご利用頂く必要がございます。詳細は弊社担当までお問い合わせください。


| Manhattan DAC/PREAMP | Brooklyn DAC/PREAMP |

| Stereo192-DSD DAC M マスタリングバージョン | Stereo192-DSD DAC P プリバージョン |


<流通在庫のみ>
Stereo192-DSD DAC M
マスタリングバージョン
標準価格(2015/9/30ご注文分まで) \250,000(税別)
標準価格(2015/10/1より) \280,000(税別)
SDIF3(DSD raw)入力付
ブラックカラー仕様
100V電源トランス搭載日本専用仕様
サイズ: 216(W)×44(H)×216(D)mm
重量: 2.7kg


▼ マスタリングバージョン/プリバージョン共通仕様

デジタル入力については、USB2.0およびUSB1.1、FireWire、SPDIF、AES/EBU、TOSLINKと多様なデジタルコネクションが可能です。またDACチップは、ESSSabreの32bitマルチチャンネル仕様のデバイスをステレオモードで使用しています。なお、SPDIF、AES/EBU、TOSLINKは PCM192kHzまで対応し、USB2.0とFireWireついては、PCM〜192kHzとDSD64/128の再生に対応しています。LINE出力ついては、バランス/アンバランスの両方に対応し、加え、ハイインピーダンスモデルもドライブ可能な良質のヘッドフォンアンプで構成されるヘッドホン端子(アンバランス)も装備しています。また、日本向専用仕様として、100V電源トランスを搭載しております。

▼ マスタリングバージョン専用仕様

Stereo192-DSD DAC M マスタリングバージョンには、プロフェッショナル用DSD伝送規格である SDIF3(DSD raw)入力をBNC端子で追加装備しています。このSDIF3端子により、TASCAM DA3000の様なSDIF3出力を実装するDSDレコーダーとの接続が可能です。また、本体カラーはブラック仕様となっております。

▼ 留意事項

Mytek製品のUSB2.0 I/FやFireWire I/Fを使用する場合は、その対向となるPCやMacに対してMytek製専用ドライバをインストールする必要があります。
またDSDファイルを再生する場合は、その再生に対応した音楽再生ソフトウェアをPCにインストールする必要があります。
※動作実績のある著名な再生ソフトウェアの一例を以下に挙げます。(弊社では再生ソフトのご利用方法のサポートは原則として致しかねます)
・Windows:HQPlayer, foobar2000, JRiver Media Center
・Mac:Audirvana Plus, JRiver Media Center

Macに搭載されているThunderboltでもご利用可能です。結線は以下をご参照ください。
・Mac本体(Thunderbolt) ⇒ Apple純正Thunderbolt/FireWire800変換アダプタ(別売) ⇒ FireWire800/400変換ケーブル(別売) ⇒ Mytek本体(FireWire400)
・ドライバは、Mytek Digitalが提供する FireWire用ドライバを利用します。

オーディオ機器やNASを例をとする “PC及びMac以外に搭載された” USB2.0 I/FやFireWire I/Fに対してMytek製品を直接接続される場合は、その動作可否について事前にお問い合わせください。Mytek製品の対向となる機器に対してMytek製専用ドライバをインストール出来ない場合、MytekのUSB2.0 I/FやFireWire I/Fは正常動作しませんのでご留意ください。

Windows10については、Mytek Digital社より以下のDriverにて動作互換性がある旨のコメントが出されました。現時点での対応するWindowsOSは、Windows7、Winsows8/8.1、Windows10になります。
<USB2.0用Driver:Ver.1.35.22 / FireWire用Driver:Ver.4.2.0.40417 (2015/8/27時点でのWindows用最新版ドライバ)>
なお、Windows10/USB2.0利用時は、OS上のサウンドの再生タブで“Stereo 192-dsd DAC Out1 L/R”を「規定のデバイス」に設定してください。(2015/8/27更新)

MacOSX 10.11 El Capitanですが、2015/10/3時点でリリースされている以下のUSB2.0用ドライバでは動作しない旨、Mytek Digital社よりインフォメーションがありました。
※上記該当Driver: USB2.0用Driver Ver.2.8.0 (El Capitan対応版のリリース待ちとなります)
踏まえ、ご利用環境におけるOSのアップグレードにはくれぐれもご留意願います。現時点で対応するMacOSXは、MacOSX10.8、10.9、10.10になります。
なお、FireWire用Driver Ver.4.2.0.40417については、El Capitanに対応しております。(2016/4/20再更新)

本国メーカーの仕様変更により、実際の製品と写真の内容が若干異なる場合があります。

Top

 


 

<流通在庫のみ>
Stereo192-DSD DAC P
プリバージョン
標準価格(2015/9/30ご注文分まで) \250,000(税別)
標準価格(2015/10/1より) \280,000(税別)
RCAアナログ入力付
シルバーカラー仕様
100V電源トランス搭載日本専用仕様
サイズ: 216(W)×44(H)×216(D)mm
重量: 2.7kg


▼ プリバージョン/マスタリングバージョン共通仕様

デジタル入力については、USB2.0およびUSB1.1、FireWire、SPDIF、AES/EBU、TOSLINKと多様なデジタルコネクションが可能です。またDACチップは、ESSSabreの32bitマルチチャンネル仕様のデバイスをステレオモードで使用しています。なお、SPDIF、AES/EBU、TOSLINKは PCM192kHzまで対応し、USB2.0とFireWireついては、PCM〜192kHzとDSD64/128の再生に対応しています。LINE出力ついては、バランス/アンバランスの両方に対応し、加え、ハイインピーダンスモデルもドライブ可能な良質のヘッドフォンアンプで構成されるヘッドホン端子(アンバランス)も装備しています。また、日本向専用仕様として、100V電源トランスを搭載しております。

▼ プリバージョン専用仕様

Stereo192-DSD DAC P プリバージョンでは、一般的なアナログ入力用ヘッドフォンアンプやプリアンプと同じ感覚で使用できるようにするため、マスタリングバージョンに搭載されているSDIFに替え、1系統のRCAアナログ入力を装備します。このRCAアナログ入力に既存のアナログ出力機器を接続することで、デジタル音源だけでなくアナログ音源 (※A/Dコンバージョンは致しません) のソースもプリ機能でボリュームコントロールが可能です。また、本体カラーはシルバー仕様となっております。

▼ 留意事項

Mytek製品のUSB2.0 I/FやFireWire I/Fを使用する場合は、その対向となるPCやMacに対してMytek製専用ドライバをインストールする必要があります。
またDSDファイルを再生する場合は、その再生に対応した音楽再生ソフトウェアをPCにインストールする必要があります。
※動作実績のある著名な再生ソフトウェアの一例を以下に挙げます。(弊社では再生ソフトのご利用方法のサポートは原則として致しかねます)
・Windows:HQPlayer, foobar2000, JRiver Media Center
・Mac:Audirvana Plus, JRiver Media Center, Pure Music

Macに搭載されているThunderboltでもご利用可能です。結線は以下をご参照ください。
・Mac本体(Thunderbolt) ⇒ Apple純正Thunderbolt/FireWire800変換アダプタ(別売) ⇒ FireWire800/400変換ケーブル(別売) ⇒ Mytek本体(FireWire400)
・ドライバは、Mytek Digitalが提供する FireWire用ドライバを利用します。

オーディオ機器やNASを例をとする “PC及びMac以外に搭載された” USB2.0 I/FやFireWire I/Fに対してMytek製品を直接接続される場合は、その動作可否について事前にお問い合わせください。Mytek製品の対向となる機器に対してMytek製専用ドライバをインストール出来ない場合、MytekのUSB2.0 I/FやFireWire I/Fは正常動作しませんのでご留意ください。

Windows10については、Mytek Digital社より以下のDriverにて動作互換性がある旨のコメントが出されました。現時点での対応するWindowsOSは、Windows7、Winsows8/8.1、Windows10になります。
<USB2.0用Driver:Ver.1.35.22 / FireWire用Driver:Ver.4.2.0.40417 (2015/8/27時点でのWindows用最新版ドライバ)>
なお、Windows10/USB2.0利用時は、OS上のサウンドの再生タブで“Stereo 192-dsd DAC Out1 L/R”を「規定のデバイス」に設定してください。(2015/8/27更新)

MacOSX 10.11 El Capitanですが、2015/10/3時点でリリースされている以下のUSB2.0用ドライバでは動作しない旨、Mytek Digital社よりインフォメーションがありました。
※上記該当Driver: USB2.0用Driver Ver.2.8.0 (El Capitan対応版のリリース待ちとなります)
踏まえ、ご利用環境におけるOSのアップグレードにはくれぐれもご留意願います。現時点で対応するMacOSXは、MacOSX10.8、10.9、10.10になります。
なお、FireWire用Driver Ver.4.2.0.40417については、El Capitanに対応しております。(2016/4/20再更新)

本国メーカーの仕様変更により、実際の製品と写真の内容が若干異なる場合があります。

Top

 


 

諸般の事情により仕様を変更する場合があります

| HOME PAGE | 資料請求