MYTEK DIGITALについて

米国マイテック・デジタル社は、ニューヨークに本拠を置くプロ用レコーディング機器メーカーです。ザ・ヒットファクトリー、そして後にはスカイライン・レコーディング・スタジオというマンハッタンの二大スタジオでエンジニアだったミハル・ユーレビッチにより、1992年にニューヨークで設立されました。

1993年に開発した18ビットのADコンバーターが最初の製品です。この製品は現場の要請を十分に満たす音質と操作性により、たちまちにして多くのレコーディングエンジニアから厚い信頼を勝ち取りました。実績の一例を挙げると、スカイライン・スタジオにおいては マライア・キャリー、B52s、ジェームズ・テイラー、シック、ルー・リードをはじめ、数多くの著名アーティストの録音に使用されています。それ以来、20を超える様々なA/DコンバーターやD/Aコンバーターをレコーディング用途やマスタリング用途のプロユース向に開発しつづけています。またDSDフォーマットの確立に際しては、マスターレコーダーのプロトタイプ開発に関わっています。

ミハルは1992年以来自分の開発した製品の入念な試聴を欠かしたことが無いと言います。一音楽愛好家の立場でそれを続けていることが、現行製品の改良と新製品の音質向上に確実に反映されているのです。Mytek Digitalのコンシューマ向デジタルオーディオ製品は、プロ機の特にDSDに関する豊富な知識とオーディオファイルとしての経験から高い完成度を持っていると自負しております。


| Manhattan DAC/PREAMP | Brooklyn DAC/PREAMP |

| Stereo192-DSD DAC M マスタリングバージョン | Stereo192-DSD DAC P プリバージョン |


諸般の事情により仕様を変更する場合があります

| HOME PAGE | 資料請求